7月30日光といった31日光の2日間で新潟ばかりに引き取り手6個々で海水浴をめぐってきました。

群馬県内在住ですから、周囲には海がありません。40カテゴリーほど前は海水浴に行くときは当たり前のように茨城県の大洗という海水浴地点をめぐっていました。というか幼かった自分には何処へ行くかの探索資格葉は無く、車種に乗せられてただ黙って連れていらっしゃるだけでした。群馬県内も桐生市という箇所から茨城県の大洗町の海水浴地点まで車種で約5間隔ほど掛かっていたような気がします。当時はハイウェイもなく国道50号線を走り真っ最中渋滞にはまり、エアコンもききが酷く車内は蒸し風呂状態であったのを思い起こします。あれから40カテゴリー経過して天命何やかやありましたがやっぱり退職して、今はこちら老夫妻といった長男夫妻って孫2自分に囲まれて面白く毎日を過ごしている。そんな中での今回の海水浴お出かけ、新潟県内柏崎市鯨波町の鯨波海水浴地点を選んで1泊2日光で行って来ました。夏季の日本海は太平洋と違い少しはやりも穏やかで一際赤ん坊と共に遊ぶには大丈夫かと思います。昼前、我家を5時代30当たりあたり出発して北関東車道から関越車道に入り、新潟の6日光町インターで下車して山越えで10日光町市経由で信濃川を渡り柏崎市まできっと正直。鯨波海水浴地点の近くに逗留先の旅館を予約しましたので旅館のパーキングへ車種2テーブルを遠のけ海水浴地点まで歩いて行きました。赤ん坊2自分を連れての足でしたが約10当たり程で海水浴地点に到達。長~い、梅雨も明け、人だかりが予想されましたので海の住宅もまず予約をしてありました。600呼称間近い数が使用できる大きな海の住宅でしたが9時代ところ着いて受付で並びましたがもう幾分程度箇所が埋まっていました。予約を入れてありましたので受付を終了してただただ仕込み催し物に案内され海水浴の設立を行うことが出来ました。浜もののところに席を確保して頂いたので着替えてすぐ浜に出て丸々真っすぐ海へ。温度も30たび近くになっていましたので海水温も思ったよりは冷たくはなく孫たちも浮き輪をつけて海に入ることが出来ました。30当たり~40当たりほど遊んだらブレークを繰り返して昼過ぎ2時代ところまで海水浴を売りました。日和も晴れたり曇ったりでしたが海水浴の日和としては最高であったと思います。その後は旅館で1泊してゆったりしました。http://xn--tl-pn7d136aznc81i.jp/